> 白内障手術について > 白内障について
白内障は目の中でレンズの役割をしている透明な水晶体が濁ってくる病気です。
濁りが進行すると瞳孔の部分が白く見えるため、昔から「しろそこひ」と呼ばれていました。残念ながら、一度濁った水晶体を透明な状態に戻す薬はありません。
しかし、手術によって水晶体を取り除き、眼内レンズに置き換えることで視力を取り戻すことができます
眼球の構造
図1:眼球の構造
老人性白内障
白内障の原因で最も多いのが加齢による目の老化です。なぜ歳をとると水晶体が濁るのか、その原因についてはさまざまな説があり、まだはっきりとわかっていません。
眼球の断面図
先天白内障
遺伝によるものと、妊娠中に母親が風疹などに感染したことが原因となって起こるものなどがあります。
併発白内障
目のけがや目の手術、ぶどう膜炎など
図2:眼球の断面図
目の病気、レントゲンの目への照射、糖尿病やアトピー性皮膚炎などの全身病、副腎皮質ホルモンの内服などに白内障が併発することがありますが、原因の特定は必ずしも容易ではありません。
白内障:手術前
視力の低下
水晶体の混濁の程度によりさまざまです。
霧視(かすみ目)
霧の中で物を見ているような状態になります。
昼盲
晴れて天気が非常によい昼より、少し曇った日の薄暗いほうが物がよく見える状態です。これは水晶体の混濁により光が拡散するためです。
手術前
・中央に白く濁って見えるのが白内障になっている水晶体の部分です
白内障:手術後

初期白内障では、目薬や内服薬で水晶体の濁りの進行をある程度遅らせることが可能とされますが、その効果は確実ではありません。
手術
視力を改善させるためには手術するしかありません。白内障の手術は濁った水晶体を摘出するものです。近年は、角膜周辺部に3〜4mm程度の小さな創(切開)を作り、水晶体に超音波をあてて柔らかくし、吸い出す方法がほとんどです。
手術後
・白く濁ってる部分はなくなり、かわりに眼内レンズが挿入されています
最後に、残した水晶体の後ろの膜の上に眼内レンズを挿入します。眼内レンズは一度入れたものを交換する必要はなく、普通は一生使用することができます。
 
(C)2003 医療法人 悠心会  苅谷眼科