> その他の手術 > レーザー治療
レーザー治療とは、レーザー光を目の中の組織に照射して行う治療法の総称です。糖尿病網膜症に代表される眼底出血や網膜裂孔などの網膜の病気、緑内障、白内障手術後の後発白内障に対し実施されます。
通常、通院で目薬の麻酔のみで行います。治療時間は病気によって異なりますが、数分〜20分位です。痛みを強く感じる場合には注射の麻酔を追加することも稀にあります。

実際にレーザー治療を受けている間は眩しいですが、なるべく力を抜いて両目を開けるようにして下さい。レーザー治療を受けた日は過激な運動や過度のアルコールは控えて下さい。目を切ったり縫ったりするわけではありませんので、原則として眼帯は必要ありません。翌日からは平常どおりの生活が可能です。
病気によってレーザー治療の回数や費用は違います。
虹彩光凝固術
1) 緑内障の治療
虹彩光凝固術
1割負担
・・・・
7,710円
2割負担
・・・・
15,420円
3割負担
・・・・
23,130円
虹彩光凝固術
隅角光凝固術
1割負担
・・・・
8,970円
2割負担
・・・・
17,940円
3割負担
・・・・
26,910円
2)眼底の病気
網膜光凝固術
中心性漿液性網脈絡膜症・網膜静脈閉塞症・加齢黄斑変性症・網膜裂孔・網膜剥離裂孔・糖尿病網膜症などがあり、片眼に対し1〜4回程治療が必要です。
通常の疾患の場合、治療の初回にかかる料金です。
1割負担
・・・・
11,200円
網膜光凝固術
2割負担
・・・・
22,400円
3割負担
・・・・
33,600円
特殊な疾患の場合、治療の初回にかかる料金です。
1割負担
・・・・
18,100円
2割負担
・・・・
36,200円
3割負担
・・・・
54,300円
3)後発白内障
後発白内障手術前後発白内障手術前
片眼に対し、1回の治療で済みます。
1割負担
・・・・
1,510円
2割負担
・・・・
3,020円
3割負担
・・・・
4,530円
手術前
後発白内障手術後
手術後
 
(C)2003 医療法人 悠心会  苅谷眼科